ネットバンクがお得な香川銀行

香川銀行セルフうどん支店の存在

香川銀行を語るにあたって絶対にはずせないのが、セルフうどん支店という存在でしょう。セルフうどんだなんてふざけてる!どこにある支店なんだ!と怒られそうなネーミングですが、このセルフうどん支店は実在はしません。つまりインターネット上の銀行なのです。

香川銀行では香川ダイレクトというインターネットバンクのサービスを早くから始めましたが、これはあくまでも振込や残高を見るのに便利である、というサービスでした。後にこれとは別に始めたインターネットバンクがセルフうどん支店で、支店が異なっているというコンセプトとなっているわけです。

このセルフうどん支店は、香川=さぬきうどん=セルフうどんというインパクトのあるネーミングですが、スタッフのいないセルフの銀行なのでその分サービスが上乗せされますよといった意味も込められています。このサービスと言うのが金利の高さです。

インターネット専門のネットバンキングが高金利だというのはもはや周知の事実だと思いますが、実は地方銀行のネットバンキングでも負けない位の金利を打ち出している所もあるんです。その代表が香川銀行のセフルうどん支店だったり、愛媛銀行の四国八十八カ所支店だったりします。

都心から離れた地方銀行の方が金利が高いというのは、銀行の知名度を上げるための広告の意味もあったり、顧客を全国区に広げて多く獲得するという狙いもあるでしょう。逆に千葉銀行や横浜銀行など都心に近い地方銀行では、とくにネットバンキングだからと言っても金利は店頭と同じで低い物となっています。