ネットバンクがお得な香川銀行

香川銀行ってどんな銀行?

関東地方に住んでいる私にとっては、四国となると遠く離れた土地であり、4つしかないと言えども全ての県を答えるのも難しい物があります。四国の皆様には申し訳ありませんが、これは私だけではなくて関東より北に住んでいる人ならば誰しもがこんなものです。

しかしですね、四国の県を答えてくださいというクイズが出たとしたら、私は香川県だけはすぐ言える自信があります。なぜならば、やたら銀行の金利比較ランキングなどで香川銀行のインターネットバンクであるセルフうどん支店を目にするからです。金利で土地の名前を広めた数少ない県かもしれませんね。

香川県とは、四国の北東に位置している県であり、県庁所在地の高松を中心としています。何となくというかインスピレーションでと言うか、香川と言えば「うどん!」と言う感じですが、実際に高松市の更に東には「さぬき」という土地がありますし、西には「丸亀」という土地があります。

うどんと銀行、関係ないじゃないかと思いますが、実は香川銀行のインターネットバンクは「セルフうどん支店」という名前で、この名前が親しみやすく覚えやすくもあり全国的に広まっているのです。セルフうどん支店については後述するとして、香川銀行とはどんな銀行なんでしょうか。

香川銀行は地方銀行の一つであり、高松市に本店を置いています。四国4県の地方銀行と提携しており、4地方銀行間の取引がお得になっています。また2009年にはイオン銀行との提携も果たしており、ATMが多くて使いやすい銀行というイメージを浸透させました。

都市銀行と呼ばれている大手の銀行が少ない香川県にとって、店舗の多い香川銀行は口座を開設している人が多く、行きやすくて使いやすい便利な銀行として地元の人から愛されている銀行であると言えるようです。